悠久の川流れ

おはようとおやすみのあいだ

【usum s12 最高最終2134】呉越同舟リザゲンレヒレ【最終15位】

【はじめに】


こんにちは、ゆーとぴあです。まずは当記事に足を運んでいただき、ありがとうございます。今期のは溶けたサブの救済を意識し過ぎたため、メインロムに費やす時間が足りず、満足できないまま撤退となってしまいました。結果はともあれ構築自体はかなり自信があるのでぜひゆっくり見ていって下さい!


f:id:koharubipoke:20181107160559j:plain

 


【構築経緯】

 


バトルボックスが住み処と化したf:id:koharubipoke:20181107171916p:plainはそのまま置いておき、まずは使ってみたかった鬼羽f:id:koharubipoke:20181107171422p:plainf:id:koharubipoke:20181107171443p:plainの相性が良いと感じ、ここから構築をスタート。また、受けサイクル・ループが増えている、鬼火リザードンと言えばこいつ。などの理由でf:id:koharubipoke:20181107172451p:plainを滅び型で採用。また、彼だけでは力不足だと感じ、受け系統の構築を崩せ、ここまでで重いカババシャにも強いf:id:koharubipoke:20181107172815p:plainをスカーフトリック型で採用した。最後にゲンガーガルドを対処、カバに対する威圧ができ、抜きエースにもなれるf:id:koharubipoke:20181107172958p:plainをいつもの型で採用し、完成に至った。

 


【個体紹介】


f:id:koharubipoke:20181107173131p:plain


カプ・レヒレ@こだわりスカーフ  ミストメイカ
 控え目


ハイドロポンプ/ムーンフォース/トリック/冷凍ビーム


152(52)-×-137(12)-155(204)-151(4)-135(236)


HB→A補正あり252メガマンダの捨て身タックル確定耐え
     →A補正あり252メガバシャの飛び膝蹴り2発確定耐え
     →A補正なし252メガグロスのアイヘ+バレット確定耐え
C→残り
S→スカーフ所持時ランク-1で最速キノガッサ抜き


選出率2位の超汎用ぽけもん。受けサイクルを崩せ、時にはエースともなれるのが強い。スカーフとバレなければ後投げされるコケコやアーゴヨンに勝てるのも強いと感じた。耐性が優秀なので一般的なスカーフポケモンに比べて後出しをし易いが、その耐久を過信しすぎてはならない。少しでも火力を出せるようにハイドロポンプを採用しているが、無振りメガメタグロスが乱数2発なのが悲しいところ。ハイドロポンプは命中不安技だが、足りない火力を補ったり、水zを連想させ、スカーフをバレにくくできるので採用価値は十分にあると思う。2086のときに1回でも外したら負けの状態で4連ハイドロポンプ当てで勝利を決めたイケメンでもある。

 

 

f:id:koharubipoke:20181107175206p:plain

 


テッカグヤ@†ジメンz†  ビーストブースト  意地っ張り


ベビーボンバー/地震/ニトロチャージ/毒々


173(4)-165(228)-123-×-124(24)-(252)


H→4n+1
B<D(DL対策)
A→残り
S→最速101族抜き

 


選出率5位の地雷枠。s8の記事で紹介したので特に言うことはないが、ジメンzの役割対象であるゲンガーには対面勝率100%を誇った。他にドヒドガルドや後投げされるバシャコケコが役割対象である(ドヒドガルドはランク+1のジメンz地震で高乱数1発)。ニトロチャージを積めば抜きエースともなれる他、起点にしてくるスイクンギャラドス、ビルドランドの上から毒を盛れるがよき。毒々があれば物理エースだと見て受けに来るポリカバクレセや威嚇で誤魔化しに来るマンダにも毒で一矢報いることができ、そうしたポケモンを気にせず選出ができるのがこの枠を岩技にしない理由。刺さる構築にはとことん刺さるので使っていてとても楽しい。

 

 

f:id:koharubipoke:20181107180402p:plain

 


リザードン@リザードナイトX  猛火→硬い爪  陽気


ドラゴンクロー/ニトロチャージ/羽休め/鬼火


メガ進化前→185(252)-104-98-×-106(4)-167(252)
メガ進化後→185(252)-150-131-×-106(4)-167(252)


H→252(広く役割を持つために特化)
S→相手のリザードン意識

 


選出率3位の軸となるぽけもん(矛盾)。ランドやミミッキュリザードンの対策をしているパーティーにイージーウィンを狙えた。岩技を持ったメタグロスにも勝てるのもこの型の強さだと感じた。また、地震がないためヒードランの突破は困難だが、ドラゴンクローがあるとリザードンボーマンダに打点が持てるので、こちらの方が強いと思い、ドラゴンクローを採用した。剣の舞がなくとも、毒々がない耐久型のポリ2に押し勝てるのも鬼羽型の素晴らしいところだが、リザードンXやガブリアスがドラゴンクローで落ちないことがあり、絶妙に火力が足りないと感じるのはこの型の欠点であると感じた。しかし、鬼羽型としての自覚を持ち、最終日に少なくとも30回は撃った鬼火を1度も外さなかった彼は、今回の成績に大きく貢献してくれた。

 

 

f:id:koharubipoke:20181107182245p:plain

 


ゲンガー@ゲンガナイト  呪われボディ→影踏み  臆病


最終日以外→滅びの歌/シャドーボール/守る/道連れ
最終日→ヘドロ爆弾/祟り目/†催眠術†/鬼火


メガ進化前→161(204)-×-87(52)-148-95-178(252)
メガ進化後→161(204)-×-107(52)-188-115-200(252)


HB→16n+1、A補正あり252ミミッキュ剣舞影撃ち確定耐え
S→コケコゲンガー意識

 


選出率6位の受け構築破壊枠。ほとんどの受け構築に勝つことができたが、対受け構築以外は選出画面からプレッシャーを与える以外の仕事がなかったので、対受けサイクル性能をある程度維持したまま、普通の構築にも繰り出し易いように最終日は型を変えて潜った。ガルーラやメタグロス対面の安定行動が取れ、裏のカビゴンの起点にできる鬼火に加え、どう足掻いても勝てなさそうな構築や、ワンチャンスを掴める催眠術を採用した。鬼火を撃ったのは1回だけで、あまり撃たないはずの催眠術は10回くらい撃ち、体感70%くらいの確率で命中した。構築が無理すぎたあまり初手からこいつ投げて2連催眠してすいませんでした(某氏への謝罪)。本ロムでは一度も選出してないはずなので運だけとか言わないで……(切実な願い)

 

 

f:id:koharubipoke:20181107184730p:plain

 


カビゴン@マゴの実  腕白  食いしん坊


恩返し(八つ当たり)/地震/リサイクル/鈍い


255(156)-130-128(252)-×-143(100)-50


HD→カプ・テテフのフィールド下サイキネを確定3発耐え
B→残り(ぶっぱ)

 


選出率4位の最強の誤魔化しぽけもん。相手の構築に毒や叩きを持ったポケモンがいることが多く、思ったほどの活躍こそしなかったが、ゲッコウガやカプ・コケコなど、選出が悩まされるポケモンを倒したり、重いステロ+メガギャラドスを止めたりと充分な活躍をしてくれた。また、物理型のポケモンであるが、こちらがラスト1匹だとカバルドンにも勝てるのは偉い点だと感じる。某カビグライムドーの方とカビゴン同士で急所当て合戦をした際、2回とも先に急所を喰らって悲しかったのでカビゴン意識でsに少し振るのもありだと感じた。

 

 

f:id:koharubipoke:20181107185839p:plain

 


ミミッキュ@気合いの襷  化けの皮  陽気


じゃれつく/†ドレインパンチ†/剣の舞/影撃ち


131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)


H→4n+1
A→ぶっぱ
s→ぶっぱ

 


選出率1位のゆーとぴあと言えばこれ!って感じのぽけもん。何回も書いてきてそろそろ書くことが無くなってきた。使いすぎて感覚が麻痺してたけどそういえば変態型のポケモン。ドレパンの火力は1舞で無振りメガルカリオが1発、3舞で特化ナットレイが乱数。けどZよみで交代、守るをしてくる人が多いので割と簡単に3舞できちゃう。ドレパンは他に襷を回復させるのに役立ったりする。このポケモンはs8から5シーズンの間ずっと使ってるけど3シーズンも21に乗っける立役者となってくれてるし、そろそろ増えてもいいと思う。強さは使ってみれば分かるって。きっと。だから広まれっ!!!

 

 

【選出】

 


といっても、このパーティーはこの構築にはこれ!といった決まった選出がほとんどないため、唯一決まっている対受けサイクルの選出だけ紹介。

 


対受けサイクル→f:id:koharubipoke:20181107192352p:plain+f:id:koharubipoke:20181107192408p:plain+f:id:koharubipoke:20181107192428p:plain
ゲンガーで1匹を処理し、レヒレで1匹の技能を奪った後、カグヤで残りを処理する。8割くらいの確率で勝てたので中々強い。単純にメガゲンガーの対受けサイクル性能が高いなぁと感じた。また、レヒレの冷凍ビームがバレルに刺さって勝った試合も多かったので、冷凍ビームは持ち得だと思う。更に、受けサイクルにはべトンやドヒドなど、ジメンzが刺さるポケモンが多い他、ムドーにゲンガーレヒレが強いので、彼が選出されることが少なく、このカグヤの刺さりがとても良かった印象である。

 

 

【さいごに】


ここまでの閲覧、本当にありがとうございます。今期は色々と忙しい中でのレートとなりましたが、無事21に乗せることができてとても嬉しいです。また、今期はアンチシナジーではありますが初めて満足できる構築が組め、そこそこの結果も伴ったので、最終日に若干の後悔を残しつつも充実したシーズンだったのかなぁといった感じです。また、s8のようなインパクトのある構築も組みたいと考えて5シーズン経ちましたが、そもそもインパクトを求めて構築を組んだのではないためか、いいものが何も思い浮かばないので今後の自分に期待しておいて下さい(カムラ瞑想ドレインキッステテフは絶望的に弱かった)。今回の記事はここまでとなりますが、何か質問などがございましたらTwitterの@koharubi_pokeまでいらして下さい^^*
また、この程度の記事ですが、可能であればこれからも見て下さると嬉しいです。改めて皆さん、ここまでの閲覧、本当にお疲れ様でした。

 

 

【証拠】


f:id:koharubipoke:20181107160645j:plain

f:id:koharubipoke:20181107160727j:plain

f:id:koharubipoke:20181107160748j:plain

TN.ゆーとぴあ  最高最終2134【15位】
TN.Half*Asleep  最高2116最終2052【99位】

※サブの画像は2115の時のものです。2116より上に行けるようにと甲子園の途中で散った強豪校みたいなことをしましたが証拠画像がなくて今現在激しく後悔しています。

 


それでは皆さん、またの機会に!

 

 

 

 

【usum s12 報告 メイン最終15位】

皆さん、s12お疲れ様でした。今期は20まで様々な構築を使い、20からはサブで好感触だった構築に替えて潜っていました。また、今回の構築はs8で最終3位を達成した構築よりも強いと感じ、もう少し煮詰めたいと考えているので並びだけの公開とさせていただきます、ご了承ください(..)


f:id:koharubipoke:20181106173131j:plain


今期は自身初めての2ロム21を達成し、最終日にどれだけ溶けても構わないように片方を2150まで持っていこうとしましたが敢えなく溶かし、そちらを21に戻すのに必死になりすぎて本ロムで潜る時間を確保できないというなんともバカなことをしたシーズンでした。(結局21に戻ることもなかったし。)また、最終日に型をゲンガーの型を変えたといったこともあって、このパーティーがどこまで行けたのかをもう一度試してみたいなと思ったわけです。またいつかパーティーの詳細を書いた記事は公開するつもりなので、その時はゆっくり見ていって下さると嬉しいです^^*


f:id:koharubipoke:20181106174353j:plain


f:id:koharubipoke:20181106174417j:plain


f:id:koharubipoke:20181106174442j:plain


TN.ゆーとぴあ 最高最終2134【15位】
TN.Half*Asleep 最高2116最終2052【99位】

※サブの画像は2115の時のものです。


以上、報告記事でした。

【単体考察】ヤタピ激流ゲッコウガ

f:id:koharubipoke:20180916104453j:plain

【はじめに】

けろけろ、皆さんこんにちは、ゆーとぴあです。
今回は使用感や実際に使ってみた方からの評判が良かったので、まだ世に広まっていないヤタピ激流ゲッコウガをもっと多くの人に知ってもらおうと思い、初めての単体考察記事を書かせていただくこととしました。



ゲッコウガとは】

f:id:koharubipoke:20180915073324p:plain

第6世代から登場した御三家の水ポケモンで、隠れ特性である変幻自在を持ち、広い技範囲と高いスピードから繰り出されるタイプ一致技が強力。また、もう一つの特性である激流を持ったのゲッコウガは、環境に通りの良い高火力の水技をそのスピードから放ち、相手のパーティーに多大な負荷をかけることができる。また、このポケモンはまきびしや毒びしなどの起点作り技も覚え、持ち物も気合いの襷や命の珠、拘りスカーフに各種zクリスタルなど、基本的に何の特性でも、何を覚えさせても、何を持たせても活躍してくれるポケモン界屈指のイケメンである。



【ヤタピの実とは】

f:id:koharubipoke:20180915171544p:plain

第3世代から登場した木の実の一つで持たせたポケモンのHPが1/4以外になると、そのポケモンの特攻ランクを1段階上げる効果を持つ。この中々に知名度の低いヤタピの実は、usum内ではポニの原野に生えている木から低確率で入手することができる。



f:id:koharubipoke:20180916082726p:plain出会いのきっかけf:id:koharubipoke:20180916082738p:plain

ある日、構築を練っている時、zクリスタル持ちが3体となってしまった。仕方ないのでゲッコウガから水zを外すことに決めたが、水z以外では火力が出ず、技構成が水手裏剣/熱湯/身代わり/ハイドロカノンであったため、元々zを消費せずに連発できるそこそこの威力を持った技が熱湯しかなく、水zの時ですら使いづらく感じていたのが、更に使いづらくなってしまったのである。そこで自分は考えた、z枠を消費せずに火力を高め、連発ができるそこそこの威力を持った技を複数入れることはできないものかと。技の威力を高める道具はいくつかあるが、拘り眼鏡では身代わりによる激流圏内に持っていく動きができなくなるし、命の珠は身代わりとの相性が悪いなど、どれもしっくり来るものではなかった。そんなこともあり、激流ゲッコウガの運用を半分諦めかけていた時、バッグを漁っていると木の実ポケットが目に止まった、何か良い木の実はないかとバッグに入っている木の実を見ていると、そこにはアッキの実があった。そのアッキの実の効果を見て、自分は6世代の頃にバトルハウスで見た、ピンチの時に攻撃が上がるチイラの実を思い出した、そしてこう思った、ピンチの時に攻撃が上がる木の実があるなら、特攻が上がる木の実は無いのか?と。調べるとやはりその木の実は存在し、どうやらヤタピの実と言うらしいではないか。しかもこのヤタピの実の発動条件は、ゲッコウガの特性、激流の発動条件に非常によく似ていて、運用する上で都合が良いのだ。更には、水zが一度だけしか水技を高火力にできないのに対し、ヤタピの実は激流圏内のゲッコウガという条件下に置いて、水zを使った一撃の火力と比べると一発の火力は劣ってしまうが、水技に限らず全体的な火力の底上げが可能になり、その火力の上がった技を連発できるだけでなく、撃ち分けもできてしまうのである。この素晴らしいシナジーを発見し、ついに自分はこのゲッコウガの運用に踏み切ったのである。



【火力参考】

攻:ゲッコウガ(変幻自在)補正なしC252ハイドロカノンz
防:H4振りメガガルーラ(特防補正なし)
145 ~ 172(80.1 ~ 95%)確定2発

攻:ゲッコウガ(激流圏内かつヤタピの実発動)補正なしC252なみのり
防:H4振りメガガルーラ(特防補正なし)
147 ~ 174(81.2 ~ 96.1%)確定2発


お分かりいただけただろうか、このようにハイドロカノンzより遥かに威力の低いなみのりであっても、ヤタピ激流圏内ならば変幻自在のハイドロカノンzの火力を凌ぐのである。



【調整について】

前提条件として個体値は全て最高とし、パターン1~4までを火力の高い順に並べた。また、技の隣にある☆は上限を5として5つの段階に分けたときの採用価値の高さを示すものとする。


※以下、与ダメージについては全て、「激流圏内かつヤタピの実が発動した状態のもの」とする。



Ver.控え目


[パターン1]148(4)-×-87-170(252)-91-174(252)

HPを4nにし、残りをCSにぶっぱした調整。Sについては252振りよりもパターン2の調整を用いた方が良い気がするが、冷凍ビームを採用するなら準速マンダを抜ける252振りで良い気もする。耐久には特に振っていないので被ダメの掲載は無し。


《与ダメージ》


『水手裏剣』☆☆☆☆☆

激流ヤタピゲッコウガが一番輝ける技、必須枠。


・対D4振りカプ・コケコ 39 ~ 46(26.8 ~ 31.7%)確定4発
・対D4振りメガバシャーモ 66 ~ 78(42.5 ~ 50.3%)乱数2発(0.4%)


ハイドロポンプ』☆☆☆

このゲッコウガのコンセプト上、このハイドロポンプが最大火力を出せる技だが、命中しなければ威力0と同じなので、この技をメインウェポンにするのは不安であるが、後述する波乗りや熱湯と両採用すると、技範囲こそ狭くなるが、水の一貫が取れているパーティーにはかなり強くなると思う。


・対H244メガガルーラ 198 ~ 234(93.8 ~ 110.9%)乱数1発(62.5%)
・対無振りメガリザードンY 174 ~ 206(113.7 ~ 134.6%)確定1発
・対H196 D4ミミッキュ 187 ~ 222(120.6 ~ 143.2%)確定1発
・対H244 D4テッカグヤ 195 ~ 229(96 ~ 112.8%)乱数1発(75%)
・対H244 D4ポリゴン2 136 ~ 162(71.2 ~ 84.8%)確定2発


『波乗り』☆☆☆☆

ゲッコウガが使える命中安定の水技の中で最大火力を出せる技である。しかし、波乗りに比べて威力は劣るが、追加効果として3割の確率で相手を火傷状態にする熱湯も覚えるのでその熱湯との採用択になる。


・対H244メガガルーラ 160 ~ 190(75.8 ~ 90%)確定2発
・対無振りメガリザードンY 144 ~ 170(94.1 ~ 111.1%)乱数1発(56.3%)
・対H196 D4ミミッキュ 154 ~ 183(99.3 ~ 118%)乱数1発(93.8%)
・対H244 D4テッカグヤ 159 ~ 187(78.3 ~ 92.1%)確定2発
・対H244 D4ポリゴン2 112 ~ 133(70 ~ 83.1%)確定2発


『熱湯』☆☆☆☆

威力こそ波乗りには劣るが追加効果の3割火傷が強力、これにより上手く行けば起点にできる範囲が増すが、単純な突破力は威力の上回る波乗りの方が高いので採用択になる。


・対H244メガガルーラ 144 ~ 169(68.2 ~ 80%)確定2発
・対無振りメガリザードンY 126 ~ 150(82.3 ~ 98%)確定2発
・対H196 D4ミミッキュ 136 ~ 162(87.7 ~ 104.5%)乱数1発(25%)
・対H244 D4テッカグヤ 142 ~ 168(69.9 ~ 82.7%)確定2発
・対H244 D4ポリゴン2 100 ~ 118(52.3 ~ 61.7%)確定2発


『悪の波動』☆☆☆

控え目では、メガメタグロスラティアスを上から殴れないことがあるが、ギルガルドナットレイに対しての強力な打点になるので、臆病型に比べて採用価値は劣るものの、その採用価値は決して低くはないと思う。


・対H92 D4振りメガメタグロス 176 ~ 210(105.3 ~ 125.7%)確定1発
・対H252メガラティアス 126 ~ 150(67.3 ~ 80.2%)確定2発
・対H252 D4ギルガルド(盾)
134 ~ 162(80.2 ~ 97%)確定2発
・対H252ナットレイ 85 ~ 102(46.9 ~ 56.3%)


『冷凍ビーム』☆☆

激流ゲッコウガの貴重なドラゴンに対する打点。だが、控え目だとアーゴヨンボーマンダに素早さを抜かれていることがあるので採用するかは微妙であるが、ガブリアスカイリューに対しては明らかに強くなる。尚、ヤタピの実発動下の冷凍ビームは変幻自在の冷凍ビームと火力が同じなので与ダメージ計算は省かせていただきます、ご了承ください。



[パターン2]148(4)-×-95(60)-165(212)-92(4)-171(228)

Hを4n調整、Bに60振り、Sを最速ウツロイド抜きまで落として残りをCに回し、余った4をDに振ったもの。


《被ダメージ》

・A156ミミッキュの+2シャドクロz 118 ~ 140(79.7 ~ 94.5%)確定2発
・A216ランドロス(霊)の蜻蛉返り 122 ~ 144(82.4 ~ 97.2%)確定2発


《与ダメージ》


『水手裏剣』☆☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対D4振りカプ・コケコ 33 ~ 40(22.7 ~ 27.5%)乱数4発(64.2%)
・対D4振りメガバシャーモ 66 ~ 78(42.5 ~ 50.3%)乱数2発(0.4%)


ハイドロポンプ』☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H244メガガルーラ 192 ~ 226(90.9 ~ 107.1%)乱数1発(43.8%)
・対無振りメガリザードンY 168 ~ 200(109.8 ~ 130.7%)確定1発
・対H196 D4ミミッキュ 183 ~ 216(118 ~ 139.3%)確定1発
・対H244 D4テッカグヤ 187 ~ 222(92.1 ~ 109.3%)乱数1発(56.3%)
・対H244 D4ポリゴン2 132 ~ 156(69.1 ~ 81.6%)確定2発


『波乗り』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H244メガガルーラ 157 ~ 186(74.4 ~ 88.1%)確定2発
・対無振りメガリザードンY 138 ~ 164(90.1 ~ 107.1%)乱数1発(37.5%)
・対H196 D4ミミッキュ 150 ~ 177(96.7 ~ 114.1%)乱数1発(75%)
・対H244 D4テッカグヤ 154 ~ 183(75.8 ~ 90.1%)確定2発
・対H244 D4ポリゴン2 109 ~ 129(57 ~ 67.5%)確定2発


『熱湯』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H244メガガルーラ 139 ~ 165(65.8 ~ 78.1%)確定2発
・対無振りメガリザードンY 122 ~ 146(79.7 ~ 95.4%)確定2発
・対H196 D4ミミッキュ 133 ~ 157(85.8 ~ 101.2%)乱数1発(6.3%)
・対H244 D4テッカグヤ 136 ~ 162(66.9 ~ 79.8%)確定2発
・対H244 D4ポリゴン2 296 ~ 114(50.2 ~ 59.6%)確定2発


『悪の波動』☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H92 D4振りメガメタグロス 170 ~ 204(101.7 ~ 122.1%)確定1発
・対H252メガラティアス 134 ~ 158(71.6 ~ 84.4%)確定2発
・対H252 D4ギルガルド(盾) 132 ~ 156(79 ~ 93.4%)確定2発
・対H252ナットレイ 82 ~ 97(45.3 ~ 53.5%)乱数2発(39.5%)


『冷凍ビーム』☆☆

採用価値と理由は[パターン1]参照
若干Cを削ったが、役割対象への確定数がほとんど変わらないし、火力は変幻自在ゲッコウガの冷凍ビームと同じなのでこちらも与ダメージ計算を省略。



Ver.臆病


[パターン3]148(4)-×-87-155(252)-91-191(252)

HPを4nにし、残りをCSにぶっぱした調整。臆病の使命感からSに252振っているが冷凍ビームを採用しないなら最速ジャローダ抜きくらいまでSを落として残りを耐久に振っても良いと思う。こちらも耐久には特に振っていないので被ダメージの掲載は無し。


《与ダメージ》


『水手裏剣』☆☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対D4振りカプ・コケコ 31 ~ 37(21.3 ~ 25.5%)乱数4発(0.6%)
・対D4振りメガバシャーモ 60 ~ 72(38.7 ~ 46.4%)確定3発


ハイドロポンプ』☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 186 ~ 220(118.4 ~ 140.1%)確定1発
・対無振りメガリザードンY 158 ~ 188(103.2 ~ 122.8%)確定1発
・対H196 D4ミミッキュ 171 ~ 202(110.3 ~ 130.3%)確定1発
・対H244 D4テッカグヤ 178 ~ 210(87.6 ~ 103.4%)乱数1発(18.8%)
・対H4ボルトロス(霊) 216 ~ 255(139.3 ~ 164.5%)確定1発


『波乗り』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 153 ~ 180(97.4 ~ 114.6%)乱数1発(81.3%)
・対無振りメガリザードンY 132 ~ 156(86.2 ~ 101.9%)乱数1発(6.3%)
・対H196 D4ミミッキュ 141 ~ 166(90.9 ~ 107%)乱数1発(43.8%)
・対H244 D4テッカグヤ 144 ~ 171(70.9 ~ 84.2%)確定2発
・対H4ボルトロス(霊) 177 ~ 208(114.1 ~ 134.1%)確定1発


『熱湯』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 135 ~ 160(85.9 ~ 101.9%)乱数1発(12.5%)
・対無振りメガリザードンY 116 ~ 138(75.8 ~ 90.1%)確定2発
・対H196 D4ミミッキュ 126 ~ 148(81.2 ~ 95.4%)確定2発
・対H244 D4テッカグヤ 129 ~ 153(63.5 ~ 75.3%)確定2発
・対H4ボルトロス(霊) 157 ~ 186(101.2 ~ 120%)確定1発


『悪の波動』☆☆☆☆

臆病になったことによりメガメタグロス、スカーフ以外のラティアスの上を取れるようになり、悪の波動を上から撃ち込むことができる。また、素早いことによりボーマンダやスカーフ以外のアーゴヨンジャローダの上を取れ、冷凍ビームが無くても2割怯みやヤタピ補正の火力で押し切ることも可能になるので採用価値は控え目個体に比べて高いと思う。


・対H92 D4メガメタグロス 162 ~ 192(97 ~ 114.9%)乱数1発(81.3%)
・対H252メガラティアス 126 ~ 150(67.3 ~ 80.2%)確定2発
・対H252 D4ギルガルド(盾) 122 ~ 146(73 ~ 87.4%)確定2発
・対H252ナットレイ 78 ~ 93(43 ~ 51.3%)乱数2発(5.5%)
・対D4アーゴヨン 111 ~ 132(75 ~ 89.1%)確定2発
・対H4メガボーマンダ 96 ~ 114(56.1 ~ 66.6%)確定2発
・対H244 D4ジャローダ 91 ~ 108(50.2 ~ 59.6%)確定2発


『冷凍ビーム』☆☆☆

臆病最速であるのでアーゴヨンボーマンダの上から冷凍ビームを撃ち込むことができ、控え目個体に比べて採用価値が高くなった。激流型と知ってノコノコ出てくるドラゴンタイプに対する不意の打点としては優秀だが、それ以外は悪の波動の方が安定すると感じる。例の如く与ダメージ計算は省略。



[パターン4]148(4)-×-95(60)-147(188)-92(4)-191(252)

HPを4n調整、Bに60振り、Sにぶっぱで残りをC、Dに回したもの。被ダメージはパターン2のものと同じだが、こちらのゲッコウガは悪の波動を持つことでメガメタグロスが見れるので被ダメージの欄に追記しておく。


《被ダメージ》

・A197メガメタグロスバレットパンチ 30 ~ 36(20.2 ~ 24.3%)確定5発


《与ダメージ》


『水手裏剣』☆☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対D4振りカプ・コケコ 30 ~ 36(20.6 ~ 24.8%)確定5発
・対D4振りメガバシャーモ 56 ~ 68(36.1 ~ 43.8%)確定3発


ハイドロポンプ』☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 177 ~ 208(112.7 ~ 132.4%)確定1発
・対無振りメガリザードンY 152 ~ 180(99.3 ~ 117.6%)乱数1発(87.5%)
・対H196 D4ミミッキュ 162 ~ 192(104.5 ~ 123.8%)確定1発
・対H244 D4テッカグヤ 168 ~ 198(82.7 ~ 97.5%)確定2発
・対H4ボルトロス(霊) 204 ~ 241(131.6 ~ 155.4%)確定1発


『波乗り』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 144 ~ 171(91.7 ~ 108.9%)乱数1発(50%)
・対無振りメガリザードンY 122 ~ 146(79.7 ~ 95.4%)確定2発
・対H196 D4ミミッキュ
133 ~ 157(85.8 ~ 101.2%)乱数1発(6.3%)
・対H244 D4テッカグヤ 138 ~ 163(67.9 ~ 80.2%)確定2発
・対H4ボルトロス(霊) 168 ~ 198(108.3 ~ 127.7%)確定1発


『熱湯』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン1]参照


・対H252 D4メガクチート 129 ~ 153(82.1 ~ 97.4%)確定2発
・対無振りメガリザードンY 110 ~ 132(71.8 ~ 86.2%)確定2発
・対H196 D4ミミッキュ 118 ~ 141(76.1 ~ 90.9%)確定2発
・対H244 D4テッカグヤ 123 ~ 145(60.5 ~ 71.4%)確定2発
・対H4ボルトロス(霊)150 ~ 177(96.7 ~ 114.1%)乱数1発(75%)


『悪の波動』☆☆☆☆

採用価値の理由は[パターン3]参照


・対H92 D4メガメタグロス 152 ~ 182(91 ~ 108.9%)乱数1発(56.3%)
・対H252メガラティアス 116 ~ 140(62 ~ 74.8%)確定2発
・対H252 D4ギルガルド(盾) 116 ~ 140(69.4 ~ 83.8%)確定2発
・対H252ナットレイ 73 ~ 87(40.3 ~ 48%)確定3発
・対D4アーゴヨン 106 ~ 126(71.6 ~ 85.1%)確定2発
・対H4メガボーマンダ 91 ~ 108(53.2 ~ 63.1%)確定2発
・対H244 D4ジャローダ 85 ~ 102(46.9 ~ 56.3%)乱数2発(80.9%)


『冷凍ビーム』☆☆☆

採用価値の理由は[パターン3]参照
例の如く与ダメージ計算は省略。



【つぶやき】

頭痛くなるほどダメージ計算したけども被ダメージ量が思ったより多かったからもうちょっとBに振ってもいかも……、ちなみにH4 B132まで振ると特化メガメタグロス・メガハッサムバレットパンチ、特化メガリザードンXニトロチャージを身代わりが確定耐え、特化ランドロス(霊)・ゲッコウガの蜻蛉返りを確定2発に抑え込めるよ。火力が全然足りなくなっちゃうけどね。けろけろ。



【さいごに】

皆さん、ここまで読んで下さってありがとうございます^^*
今回、自身初の単体考察記事の投稿となりましたが、ヤタピ激流ゲッコウガの魅力・強さ、知っていただけたなら幸いです。このポケモンは本当に可能性を秘めたポケモンなので、ゲッコウガと他のポケモンとのZ枠の重複に困ったり、連発できる技が少なくて使いづらいなって感じた方は、腹が減っては戦はできぬと言いますし、この記事を参考にしてゲッコウガにヤタピご飯を持たせてあげてくださいな。お互いに幸せになること間違いなしですから!きっといつかヤタピ激流ゲッコウガが広まって、レートがピクニック状態になる日が来ることを信じています……(過信)

改めてここまでの閲覧、ありがとうございました。そしてお疲れ様です。
また面白い型のポケモンを見つけ次第、こうして単体考察記事を書きたいなぁって思ってます。ですのでTwitter(@koharubi_poke)まで意見や感想を届けてくれると嬉しいです^^*

それでは皆さん、またの機会に!

【usum s11 最高2111最終19××】匍匐のマーチ【瞬間3位】

【はじめに】

皆さんこんにちは!

「コンニチハー!」

いい返事ですね^^


はい、改めて皆さんこんにちは、s8以来2度目の投稿となります、ゆーとぴあです。s11お疲れ様でした🍵今回はやっと記事にしても大丈夫そうな構築を見つけたので、投稿することにしました。最後まで読んで行って下さると嬉しいです^^*
さて、自分のs8の構築といえば、あまり見ない型が多いことも特徴の一つですが、実は電気技無効ポケモンがいませんでした。これは欠陥なのかなぁと思いつつ、今回組んで実際に使用したパーティーが……こちら!


f:id:koharubipoke:20180904093731j:plain


はい、電気無効ポケモンは現れることはありませんでした。それどころか加えて地面技が一貫しちゃってますね(笑)
そこで本構築を「匍匐のマーチ」と名付けることとしました。




【構築経緯】

まずはどの構築にも誤魔化しが効き、ほうし・トリル対策ができる且つ使いなれているf:id:koharubipoke:20180901132550p:plainと、同じくどの構築にも誤魔化しが効き、積み構築のストッパーとなるf:id:koharubipoke:20180901132620p:plainを採用し、構築をスタート。次に、バナ軸の永遠の課題であるマンダテテフに対し強く出れ、リザにも一矢報いることができ、選手しても腐ることが少ないf:id:koharubipoke:20180901132405p:plainを採用。次にここまでで重たいランドロステッカグヤ、流行りのカバマンダガルドに対して強く出れるf:id:koharubipoke:20180901132949p:plainをs振りの放電身代わり型で採用した。ここまでの4体では、バナを選出したいときにテテフがいると困り、グロスを選出したいときにゲッコウガがいると困るので、大体のポケモンの上を取れ、場合によってストッパーや抜き要員となれるf:id:koharubipoke:20180901134055p:plainをスカーフ型で採用した。最後に受けループを崩せ、カバルドンテッカグヤに対して強く出れる零度持ちのf:id:koharubipoke:20180901134358p:plainを採用して、本構築の完成に至った。




【可愛い可愛いメンバー紹介】

f:id:koharubipoke:20180901134832p:plain

メガメタグロス 陽気 クリアボディ→かたいつめ

187(252)/173(60)/170/103/130/170(196)

アイアンヘッド/思念の頭突き/毒々/地震


H252→補正なし特化メガゲンのシャドボ確定耐え。
A60→余り
S196→最速ガブリアス抜き


最強汎用ポケモン、毒を入れることでカバクレセポリ2で止まらず、カグヤナットムドー以外には基本的に仕事できます。バレットかアイへか悩みまくりましたがミミテテフ意識でアイへにしました。他2つはバナドヒドやリザヒトムガモス意識で思念を、よく出てくるグロスガルドドラン意識で地震を採用しました。使ってみた感想としては大半の攻撃を耐える反面、火力が不足し、1体で崩壊させることはほとんど無かったです。ですが、その半端な火力のお陰でアーゴヨンの起点を作りやすく、そのままアーゴヨンが全抜きするといった試合も少なくはなかったです。バナがよく呼ぶメガゲンガー対面やリザ対面など、基本どの対面でも居座れる(トレーナーに強制的に居座らされる)のは耐久振りの利点だと感じました。裏に電気無効とバナがいないからって初手のグロス対面からいきなり電気z10万を撃つコケコがほとんどいなかったのは永遠の疑問です。(補正なしc252振りで37.5%の乱数)




f:id:koharubipoke:20180901141922p:plain

アーゴヨン@こだわりスカーフ 控え目 BB

148/79/93/196(252)/94(4)/173(252)

龍の波動/ヘドロ爆弾/10万ボルト/火炎放射


CS→ぶっぱ
D4→ダウンロード調整


ストッパーとエースを兼任する本構築屈指のイケメン。耐久面が薄く速いポケモンが揃ったパーティーにはよく刺さる。他の人たちが散々開拓した型だと思うので特に話すことはないがテテフがヘド爆で乱数なのと+1放射で無降りグロスが乱数なのはどうにかしてほしい。蜻蛉返りを使う場面がほとんど無かったのでゲッコウガやギャラ意識で10万ボルトを採用。竜毒炎技の一貫を切った選出をされることが多かったが電気技が一貫することが多かったので10万ボルトが通る場面も多かった。心なしかドヤ10万ボルトが決まった時のアーゴヨンが嬉しそうだったので採用して良かったと思う。うん。




f:id:koharubipoke:20180901142146p:plain

メガフシギバナ 控え目 しんりょく→あついしぼう

187(252)/104/156(100)/163(56)/153(100)/100

ヘドロ爆弾/めざパ炎/宿り木の種/光合成


H252→脳死ぶっぱ
B100→ブロムヘキシン致死量
C56→残り
D100→キトサン致死量


「もう大丈夫、なぜって?私が来た」✨✨
と、いう訳でゆーとぴあ界隈のオールマイトことフシギバナさん再び参上。前回の記事で紹介した型。奇跡のメガ前B<D調整。努力値の振り方が何も分からなかった時(今も大して変わらないが。)に生誕したポケモン。バナミラー意識で少しsに回した方がいいと思う。ほうしマンたちやトリルパ、サイクルパに強い過労死枠。選出抑制や相手のポケモン全体にまんべんなく負荷をかけられるのも強み。この子で相手を疲弊させ、アゴで全抜きをしたりミミッキュで掃除をして終わる試合も少なくはなかった。一番可愛がっているポケモンだが、初手のバナマンダ対面お相手がこちらの裏のポリ2への交代読み交代をすることを読んでドヤ居座りをして、2進化のくせに更に進化してお手々が見えにくくなったスーパーボールみたいな色の奴にアメフト部ばりのタックルをかまされて撃沈すること多しなのでいつか冷たくされるかも知れない。




f:id:koharubipoke:20180901142533p:plain

スイクン@食べ残し 図太い プレッシャー

207(252)/72/151(24)/110/164(232)/105

絶対零度/熱湯/身代わり/瞑想


H252→ぶっぱ
B24→無振りグライの地震を身代わりが確定耐え
D232→残り


テテフが重たかったときに穏やか個体がいなかったためできた図太いHDスイクン。HDに回してもテテフの特化サイキネが受からないことが判明した時は半ば絶望したが、特に調整を変えないままここまで来てしまった。と、言うのも仮想敵が特に居らず、明確な役割がある受けループ、特にドヒドイデに対してはどちらに振ろうと身代わりが基本的に残るので、調整はグライの地震を身代わりが確定で耐えるくらいまでBに振る程度となった。だが、この調整が大きく、グライのPPがみるみる削れて、まもみがグライ入りの構築との試合がとても楽になった。B振りに関しては無振りカバの地震を身代わりが確定耐えするまで振ってみてもいいかもしれない。また、瞑想と零度を両立させることで、耐久ポケモンを起点に裏にまで負担をかけたり、積んでも倒せないポケモンを倒せたりするので使い心地は中々良かった。この自慢のポケモンのお陰でラティハッサムや受けループへの勝率は格段に上がった。また、(一時的に零度を5/6で当てる覚醒期もあったが)彼の熱湯は3回に1回程度しか相手を焼かないし、零度も5発撃って当たるか当たらないかくらいなので、確率というものをしっかり分かっている賢い奴だと思う。(NN:放水君)←圧倒的矛盾




f:id:koharubipoke:20180901142738p:plain

ポリゴン2@進化の輝石 図太い トレース

191(244)/90/150(216)/125/116(8)/85(40)

放電/冷凍ビーム/自己再生/身代わり


H244→16n-1
B216→余り
D8→記憶にない
S40→麻痺した最速102族抜き(100族でいい)


本構築の地面受け担当。対カバマンダガルド最終兵器。ストッパーとしての性能を落としたくなかったのでDLではなくトレースで採用。A無振りカバの地震を身代わりが確定耐えするので、起点作りのカバをラス1ポリ2が起点にしてそのまま裏まで倒すことが多かった。ってか今気づきましたが明らかな努力値の無駄振り。8振りってなんだ、8振りって。Sラインによるが、ポリ2をカモりに来た遅い非残飯ガルドやカグヤを逆にカモることが可能。結局は麻痺依存なのだが場合によってはミミッキュも起点にしちゃうアヒルちゃん。後半では選出機会がかなり減ったが出した時はきちんと役割を果たしてくれました。が、この子に自覚を求めてはいけない(体感放電麻痺らせ率7%くらい)。もっと自覚を持って放電して下さい(求




f:id:koharubipoke:20180901154222p:plain

ミミッキュ@気合いの襷 陽気 ばけのかわ

131(4)/142(252)/100/49/125/162(252)

じゃれつく/ドレインパンチ/剣舞/影撃ち


H4→16n-1
A252→ぶっぱ
S252→ぶっぱ


フシギバナに続き2度目の登場、ゆーとぴあ界隈最強のストッパー。マンダナットドランやゲンガナンスポリ2を一匹で倒せちゃう強い奴。s8から使い続け何度も焼けたり凍ったりしたのでそろそろ皮も新調してあげなくてはならない。シャドークローが欲しい場面も多々あるが、使えるタイプの範囲が広がったり、ミミッキュを止めに来た鋼を倒してあっさり勝てたり、ステロ+エースに対して襷の回復ができたりするのでやっぱりドレパンの方がいいと思った。最速・準速ミミッキュ対面こそ安定はしなくなるが、この構築ではナットに対するドレパンの乱数が動く意地っ張りでも良かったかも知れない。今期はs8と違ってほとんどのリザマンダに上を取られたことも意地っ張りに転向しても良いかも知れない理由の一つである。たとえ小さくっても、自分より大きな怪獣たちに立ち向かうその勇姿は見る者を感動させること間違いなしである。




【基本選出】

f:id:koharubipoke:20180902061543p:plainf:id:koharubipoke:20180902061556p:plainf:id:koharubipoke:20180902061608p:plainf:id:koharubipoke:20180902054139p:plain+f:id:koharubipoke:20180902054154p:plain+f:id:koharubipoke:20180902054210p:plain

マンダをポリ2で、ガルドをバナで見る。毒ガルドならこの2匹のHPを管理しつつ、交代際のバナのへど爆でマンダを、ポリ2の放電でガルドを状態異常にさせて詰める。剣舞ガルドはバナを切ってミミで処理して出てきたカバを死に出しポリ2で起点にして裏まで貫く。トリルパに対してもこの選出で良い。


f:id:koharubipoke:20180902061627p:plainf:id:koharubipoke:20180902061737p:plain軸→f:id:koharubipoke:20180902054846p:plain+f:id:koharubipoke:20180902054859p:plain+f:id:koharubipoke:20180902054915p:plain

初手にグロスを置き、出てきたポケモンに削りを入れる。メタグロス退場後、裏が分かる且つ場のポケモンアーゴヨンの裏まで一貫する技圏内ならアーゴヨンを出す。それ以外ならミミッキュアーゴヨン圏内まで入れるか、そのまま全抜きを狙う。対ゴーリ軸、ビビヨン軸もこの選出で良い。


f:id:koharubipoke:20180902061802p:plainorf:id:koharubipoke:20180902061818p:plainf:id:koharubipoke:20180902061955p:plainf:id:koharubipoke:20180902055511p:plainorf:id:koharubipoke:20180902055528p:plain+f:id:koharubipoke:20180902055539p:plain+f:id:koharubipoke:20180902055556p:plain

鋼枠がナットならバナを選出しても良いが、基本はポリ2で良い。放電や冷ビで全体を削りつつ、疲弊した相手のポケモンアゴミミで貫く。基本的に雨下ラグがスカーフアーゴヨンより遅いので鋼をミミッキュで誘ってアーゴヨンの龍の波動で詰めることが多かった。


f:id:koharubipoke:20180902062042p:plainf:id:koharubipoke:20180902062054p:plainf:id:koharubipoke:20180902062107p:plainf:id:koharubipoke:20180902062243p:plain+f:id:koharubipoke:20180902062256p:plain+f:id:koharubipoke:20180902062320p:plain

初手グロスで初手に出されがちなグライを威嚇し、耐久ポケモンスイクンの対面を作り、スイクン無双する。無双できなくとも残りポケモンの体力をミミグロスで突破できるくらいまでは削っておくこと。


f:id:koharubipoke:20180902062657p:plainf:id:koharubipoke:20180902062752p:plainf:id:koharubipoke:20180902062812p:plain界隈→f:id:koharubipoke:20180902063005p:plain+f:id:koharubipoke:20180902063029p:plain+f:id:koharubipoke:20180902063050p:plainorf:id:koharubipoke:20180902063106p:plain

初手のグロスで初手に出されがちなグライゲンガーを威嚇、ゲンガーは突っ張ってシャドボを押して来ることが多く、初手から思念でゲンガーを倒せて裏のスイクンが通せることが多かった。また、構築にゲンガーがいない場合は基本的にドヒドスイクンの対面を作ればスイクンが無双し、他の2匹で重いポケモンスイクンで永久凍結させて裏を通して勝つか、スイクンを前に降参を貰うことが多かった。



【重い構築・単体】

f:id:koharubipoke:20180902063902p:plainf:id:koharubipoke:20180902063911p:plainf:id:koharubipoke:20180902063921p:plain→基本的にこちらの選出がグロスアゴミミになり、カバが削れていない状態でグロスが突破されると地震連打で崩壊する。なんとしてもグロスカバ対面を作って毒やアイへで削っておかなければ勝てない。スイクンはリザに対して零度の試行回数が少ししか稼げないので出せないが、このポケモンのお陰がカバリザの2体が選出されることは少なかった。


f:id:koharubipoke:20180902064518p:plainf:id:koharubipoke:20180902064528p:plain+あくびマン→バナスイクンミミッキュで対応するが、ハッサムの高火力蜻蛉やアゴの技でかなり体力を削られるため、HP管理がシビアになる。隙を見せるとあくびループに嵌まり、アゴハッサムに積まれて敗ける。アゴを出来る限り削ることと、ハッサムを出来る限り早く焼くことが大切である。


剣舞身代わりf:id:koharubipoke:20180902065258p:plain→彼がいるパーティーには毎回なぜかバナポリ2ミミッキュの選出となり、バナの宿り木を身代わりで防がれるとヘド爆で身代わりが割れないので為す術無し。その後一貫してるのをいいことに火力が上がった地震を連打されこちら側がボロボロになります。また、ポリガブ対面を作っても冷ビ一発では落とせず、舞いドラゴンzをミミッキュで回避しようにも、彼がお肌のケアを怠っているため、触れるとミミッキュの襷が削れ、裏のポケモンにこちらの残りポケモンが押し敗けることが多々あった。流石は元レートの王者である。


f:id:koharubipoke:20180902070451p:plainグロスを出したら悪波、アゴを出したらスカーフ冷ビ、スイクンを出したら草z、ポリ2を出したら毒々、ミミッキュを出したら熱湯手裏剣、極めつけにバナを出したら神通力。神通力持ちなど稀にしかいないが共有パ以外のゲッコウガがいるパーティーにはグロス軸で挑みがちなので辛いことに変わりはない。明確な対処法を求ム。


f:id:koharubipoke:20180902071045p:plainf:id:koharubipoke:20180902071052p:plain→やってらんねぇぜ……(今期戦績0-4)




【最後に】

当記事を閲覧して下さっている皆様へ、本当にありがとうございます^^*
今シーズンは2ロム体制で挑みましたが、最後まで満足の行く構築が組めず、両ロムの最高レートと釣り合っていないなぁといった印象を抱きつつ潜ったシーズンでした。なので正直な話、21から舞える気は全くしていませんでした。(その証拠に最終日の最後の10試合くらいはポリ2をゲッコウガに変えて潜るというブレブレぶりを発揮)。また、この構築はかなり運要素が多く、下に安定して勝つことができないのが欠陥だと感じました。他に、勝ち方としては、相手を大体削ってアゴorミミでフィニッシュをかける終わり方が多かったので、受け気質で火力の低いポリ2やスイクンとは相性が悪かったなと感じました。本当に悔いの残る終わり方でしたが、この経験を糧に更なる高みを目指したいと思いました。


f:id:koharubipoke:20180904092604j:plain


TN.ゆーとぴあ 最高2111最終19××
TN.a-LostGarden 最高2082最終19××

それでは皆さん、またの機会に!

【usum s8 最高最終2154】Here is my utopia 【最終3位】

【はじめに】
シーズン8お疲れ様でした。smのシーズン2から潜り始め、この度自身初のレート2100越えを達成しました。調整などはかなり(というか滅茶苦茶)大雑把なのですが良ければ見てやって下さい(*^ ^*)

【使用パーティー】


f:id:koharubipoke:20180322155414j:plain


【詳細】


ゲッコウガ @ヤタピのみ 激流


臆病 H4 B60 C192 S252
148/98/95/147/91/191


水手裏剣/波乗り/身代わり/悪の波動


・H4→4n調整
・B60→役割対象となるメガメタグロスの補正なし
バレットパンチをみがわりが確定耐え
・S252→最速
・C192→残り


全体的に負担をかける為、水zでなくヤタピのみを採用。命中安定の波乗りでも耐久力の薄いポケモンは大体一撃で持って行ってくれます。そうでなくても大体裏のテッカグヤのニトチャ圏内には持って行く偉い子。受けループにも強め。ヤタピ悪の波動でH252メガメタグロス超高乱数1発。アーゴヨンは無理です。ヤタピ激流水手裏剣5発でコケコを飛ばした時は感動しました。某実況者さんより先に開発。←重要

 

テッカグヤ @ジメンZ ビーストブースト


意地っ張り H4 A228 D24 S252
173/165/123/114/124/113


ベビーボンバー/地震/ニトロチャージ/毒々


・H4→4n+1
・A228→残り全て
・D24→B<D
・S252→ランク+1で最速100属抜き


場荒らし役。受けループへの負担、鋼、メガゲンガーへの不意の打点としてジメンzを採用。ギルガルドドヒドイデをランク+1のzで高乱数一発。後投げされるコケコ、バシャーモを許さない有利対面ジメンzの法則(ギャラドス入りには審議)。ヒードランには大体突っ張ってOK。火力での突破がしんどいポリゴン2クレセリアカバルドン意識で毒々を採用。メガボーマンダにも毒々が有効でした。S252はリザードンに削りを入れてゲッコウガの激流ヤタピなみのり圏内に押し込むためのもの。対カバマンダガルド性能が最高に善き。

 

メガフシギバナ しんりょく→あついしぼう


控えめ H252 B100 C56 D100
187/104/156/163/153/100


ヘドロ爆弾/めざパ炎/宿り木の種/光合成


・H252→ぶっぱ
・B100→ブロムヘキシン満杯
・C56→残り
・D100→キトサン満杯


このパーティー最大の適当ポケモン。メガ前B<D調整。役割対象は特になし。選出抑制や胞子マン対策、対受けループのクッション的な役割。抜群を取られない限り大体の攻撃は一発耐えます。そこそこの火力も出ます。めざパ炎は鋼意識、宿り木の種は受けループ意識。昔からの相棒ポケモンです。

 

カビゴン @マゴのみ くいしんぼう


腕白 H156 B252 D100
255/130/128/76/143/50


空元気/炎のパンチ/リサイクル/のろい


・HD→補正ありテテフのフィールドサイキネをきの
み込みで確定4発
・B252→ぶっぱ


メガメタグロスメガボーマンダリザードンXY、ギャラドスへの誤魔化し。毒々や鬼火、熱湯を撃たれることが多かったので空元気を採用(ご飯を叩きに来るおじさんは滅べば良い)。また、ナットレイテッカグヤ意識の炎のパンチを採用。ヒードランに対して弱いがこの枠は地震を採用することが多く、警戒して出てこないことが多かった為、あまり不自由には感じなかった(が、ギルガルド対面は不自由この上ない)。一匹での詰ませ性能が高く、中々頼れる紅一点であった。

 

カプ・テテフ @エスパーz サイコメイカ


臆病 B4 C252 S252
145/94/96/182/135/161


サイコショック/ムーンフォース/身代わり/シャドボール


・B4→ミミッキュに対する細やかな抵抗
・CS→252

テッカグヤと同じく場荒らし役。最速を取ることで素早さを甘えてるメガガルーラ、メガリザードンウルガモスミミッキュ(皮無し)をエスパーzで上から葬る。受けループに強くするためにハピナス、ラッキーを狩れるサイコショックを採用。メガゲンガーバシャーモの様子見守る、キノガッサ脳死催眠に刺さる身代わりを採用。また、シャドーボールを採用することにより滅びゲンガーに対して守るターンに身代わり→道連れのターンにシャドーボール→守るのターンにエスパーzというムーヴが取れ、単純なギルガルド、テテフミラーへの打点ともなる。また、準速ミミッキュ抜きのメガボーマンダを上から殴ることも可能。

 

ミミッキュ @きあいのタスキ ばけのかわ


陽気 H4 A252 S252
131/142/100/49/125/162


じゃれつく/ドレインパンチ/剣の舞/影撃ち


・H4→残り
・A252→ぶっぱ
・S252→ぶっぱ


今時珍しい陽気最速。選出率ほぼ100%を誇る炎のストッパー。準速ミミッキュ抜きメガボーマンダに対するアドバンテージの取得、ミミッキュより遅いポケモン(主にテテフやランドロス)のスカーフ判断に有用。鋼意識やステルスロックで削れたタスキの復元のためドレインパンチを採用。ヒードランジバコイルカミツルギに強く出れる反面、ギルガルドリザードンY、ABミミッキュには自信無し(´・ω・`)。火力は一舞で無降りメガルカリオを持っていける程度(なんと三舞で特化ナットレイが乱数)。それでも選出率堂々の一位で今回の成果に大きく貢献してくれました。

 

【さいごに】
ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございます。自身初の投稿となった今回ですが、書きたいことは書けたのかなぁと言った感じです。今回使用したパーティーには見馴れない型のポケモンも多かったのではないでしょうか?自分の様な調整や流行の型がよく分かっていない人間でも、今回の様な成績を残すことが出来ました。このことがポケモンの対戦環境がよく分からなくてレートに潜るのが怖い方であったり、マイナーな型で日々奮闘しつつも、テンプレな型が多いこの環境に嫌気が差している方などへの希望になれたら良いなと思います。自分はまだポケモンを真剣に初めて一年半くらいで、まだまだ教わることなど山ほどありますが、もしこの記事に興味を持って、自分もポケモンを頑張ってみようかなと思う方などがいらっしゃいましたら、いつでも気軽に質問して下さい(*^ ^*)


Twitter→@koharubi_poke

 

【証拠】


TN:ゆーとぴあ 最高最終2154


f:id:koharubipoke:20180322191538j:plain


では、またの機会に!